Strategy

Growth Capital

グロース・キャピタル

WMパートナーズは、既に主要事業・製品の売上がある成長(グロース)段階のベンチャー企業・中堅中小企業に対してマイノリティ投資を行います。企業の初期(アーリー)段階へ投資を行うベンチャーキャピタル、経営権取得(マジョリティ)を前提とするバイアウトファンド(買収ファンド)とは異なります。

現況とは異なる規模・業容へ成長するために必要な成長資金の提供、資本構成の見直し等、その企業の状況に応じて最適なソリューションを提供します。また、プライベート・エクイティ業界において10年以上の経験と様々な事業経験・マネジメント経験を持つ投資プロフェッショナルが、投資先の企業価値の最大化のための支援を行います。

投資アプローチ ①資本構成の見直し(現株主からの既発行株式の取得)
  • ベンチャーキャピタルが運営するファンドの満期対応
  • 事業会社・金融機関から戦略的に出資を受けたがシナジーが薄く関係を解消したい
  • 退職した役職員の株式のキャッシュ化
  • 分散している株主を取り纏め株主構成をシンプルにしたい
②資金ニーズへの対応( 普通株、優先株、新株予約権付社債、Venture Debt等の引受 )
  • 現在の主力サービス、プロダクトをスケールさせたい
  • 新規事業の成長スピードを加速させるための資金ニーズ
  • 同業・異業種の会社の買収、合併のため資金調達
  • 海外事業者との事業資本提携などに要する資金
投資額 1件当たりの投資額は原則として1億円~10億円
大型案件については、シナジーのある事業会社や金融投資家との共同投資により対応
議決権 シグニフィカント・マイノリティ(10-50% 程度)
投資回収 3年~5年後を目処に、株式上場、戦略的なパートナーへの売却、リキャップ等により回収